Making Things日記

神戸を中心にハンドメイドの靴作りで活動する作家の集まりです。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 靴作家のスルメ・kokochi | main | ミニバックとブックカバー >>
# 積み重ねること
JUGEMテーマ:ハンドメイド 靴






先日納品させて頂きましたC様の2足目。

製法や作りの部分はベースのモデルを踏襲しつつ、デザインを

変更したオーダーでした。

デザインはトラッドシューズの定番「ペニーローファー」で、ナチュラル

な革をチョイスされたので、甘くクラフト感ぽくならないように

その辺りに気を遣いました。


















マニッシュなデザインのレディースシューズは、あまり作った事が

なかったので作りながらサジ加減を調整していたのですが・・・

徐々にイメージがハッキリとしてきて。


なるほど、ココに落とし込むイメージか。


と、教えて頂けました。
















C様にもいたく気に入って頂けて、作る前からこの着地点が

見えていらっしゃったのか、さすがです。

















オーダーも積み重ねると、よりその方の個性をつかみ取れて、

疎通もはかりやすくなります。

C様いつも色々とありがとうございます。

これからも宜しくお願いします。




ここで少し、誂えについてあとがきを。




誂え品に馴染みのない方は、いきつけの美容室に置き換えて頂ければ

分かり易いのではないでしょうか?

例えば美容室に一見で行った際に、いきなり自分の好みバッチリに

仕上げてくれる美容室はなかなかないと思います。

それは技術うんぬんもさる事ながら、客との好みの志向性やフィーリング

といった、相性の部分も多いに関係するからだと思います。


最初行った時は

「う〜ん。なんだか違うなあ。でも好みは理解してくれてそうだし、

また次回のお試しだな。」

そんな作業を何度か重ねるウチに、徐々に自分のイメージ通りに仕上がるようになる。



そういう関係を築けた美容室は、なかなか変えられないですよね。

誂え品屋というのも、そういうモノだと解釈して頂ければ分かり易いと思います。



私の知り合いにも、半年に一度髪を切りに

東京からわざわ帰阪する友人が居ます(笑)




使い手と作り手の思いの積み重ねにより出来あがるモノ。


とかくコンビニエントなモノが溢れるこの時代に、

こういうモノもあっていいんじゃないでしょうか。




















神戸ハンドメイドシューズ
SHOE&SEWN
http://shoe-and-sewn.jp












 
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:26 | category: SHOE&SEWN |
# スポンサーサイト
| - | - | 18:26 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links