Making Things日記

神戸を中心にハンドメイドの靴作りで活動する作家の集まりです。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< kokochiのせんでんぶちょう | main | あつらえ、BESPOKE。展 >>
# Vintage
JUGEMテーマ:ハンドメイド 靴





家具や洋服ではヴィンテージは数多く存在しているが、

靴に関してはヴィンテージと位置付けられる代物に、

なかなかお目にかかれない。

気に入った靴は、履かなくなってもなかなか手放さなかったりします。

しかもそれがビスポークの誂え靴となれば尚の事です。 









これは1964年に閉店したロンドンの注文靴店「PEAL&Co」のヴィンテージシューズ。

サイズとフォルムからいって婦人物なのだろう。

革の油が抜けきっているので、正体は不明だが黒の部分はパテントかラムか?

それとカーキスエードのコンビがとてもスタイリッシュで、当時はこのブーツを

履いて淑女がロンドンの街を闊歩していたのだろう。














婦人物だが底付けの作りは勿論ハンドソーンウェルテッドで、

ウエストをグイっと絞ったヴェヴェルドウエスト仕様。









しかも出し縫いのピッチがとても細かい。














筒部分のライニングはコットンを使い、足当たりを考慮されている。








昔は手製が当たり前の時代で、職人が自分の実力を誇示する為に

技術を出し惜しむ事なく、ふんだんにその一足に盛り込む。

それが機械化によってドンドン淘汰されていった訳だが、

今時を経て当時の職人の息吹を感じ取れると、

「この時代に生きてみたかったなあ。」

と、切なさを抱いてしまう。



自分が作った靴も、履き手に愛されこうして時代を経ても残されるような

一足になるよう、作り手として頑張らねばと思わされました。















神戸ハンドメイドシューズ
SHOE&SEWN
http://shoe-and-sewn.jp









| comments(0) | trackbacks(0) | 00:09 | category: SHOE&SEWN |
# スポンサーサイト
| - | - | 00:09 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links