Making Things日記

神戸を中心にハンドメイドの靴作りで活動する作家の集まりです。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< バレンタインと靴 | main | 初心忘るべからず >>
# 蜜月の関係(続)
JUGEMテーマ:ハンドメイド 靴




初のシリーズモノです。

続編はつまらないと言われていますが、そうならないように・・・



さて、先日一作目をブログへ書き込みした際、友人から

「知人にハサミ職人が居るから紹介するよ」

との朗報を頂き、コンタクトをとってオオモリユウスケ氏と訪問して参りました。


ところは神戸から北西部に位置する小野市。

小野は金物の町として有名で、包丁はもちろんの事、鋏や鎌を職人が今でも

手作りで作っており、そちらで四代に渡って鋏を製造されている、


「多鹿治夫鋏製作所」


工房とイメージして行ったのですが、実際には大型から小型の機械類が

所狭しと並ぶ工場のようでした。









ただ、職人は三代目と四代目の多鹿氏親子のみで、三代目がかなり機械好きの

ようでほとんどが自作、もしくは改造された年代物ばかりで、


「息子にはこの機械類を使って、好きなモン作ったらいいと言っとるんです」


とおっしゃっていた姿がまぶしかった・・・

金物業界も後継者不足で、鋏製造業社として次の後継者がいるのは

ココだけらしく、そんな四代目に手塩にかけて作った自慢の機械類と、

先代から受け継いできた鋏製造の技と伝統を引き継ぐまでは引退出来ない、

と言わんばかりでした。

この事情は靴業界、さらにはどの製造業も同じなんだと

身を抓まれる思いが致しました。





























そんな熱い思いと、研鑽を重ねた技術による刃物は、やはり市販のそれとは

一線を画しており、「まだ研究段階」という革包丁を今回はご厚意で譲って頂きました。

しかし、研究段階といっても抜群の切れ味を誇っており、カーボン等の含有率がちまたに

流れている革包丁よりも、数段多いなど材質の面でもかなり吟味されているようです。

ただ、これもまだ実際に使われていないようなので、改良を加える為に感想を聞かせて

欲しいと、貴重なモニターになれる事をありがたく思う。














これからの製造業の在り方で難題はたくさんあり、憂慮すべき事はどんどん

増えていくと思いますが、モノヅクリの尊さを改めて実感し、そして四代目が

同世代という事もあり、同じ製造業に身を置く人間として、何だか心が

あたたかくなりました。






今回はコラムのようになってしまいましたが、日々の出来事はこうして

書き込むモノですね。まさかこのようなカタチで数珠つなぎが続くとは・・・

このままわらしべ長者のように、豪邸へとつながっていけばいいのですが(笑)




次の特ダネ求む!



















神戸ハンドメイドシューズ
SHOE&SEWN
http://shoe-and-sewn.jp










 
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:58 | category: SHOE&SEWN |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:58 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Categories
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links